子供に多い皮膚科疾患「あせも」「とびひ」「水イボ」などお気軽にご相談下さい。

ぜったいに知っておきたい!夏に多い子供の皮膚疾患
赤ちゃんや子どもの肌はとてもデリケートです。特に夏は皮膚トラブルを起こしやすく、急に悪化してしまうことがあるため、皮膚トラブルのケア方法を知っておくことが大切です。
子どもの皮膚トラブルの中でも代表的な「あせも」「とびひ」「水いぼ」の症状とケア、治療法を紹介します!

                         

「あせも」とは
汗を多量にかくと、汗を出す管がつまって汗疹(あせも)ができます。ふつうは透明~白っぽいのですが、赤い汗疹(紅色汗疹(こうしょくかんしん))にはかゆみがあります。
そこに黄色ブドウ球菌などが感染すると、化膿(かのう)してあせものより(汗腺膿瘍(かんせんのうよう))になることがあります。


「あせも」の治療方法
ひどくなる前に小児科や皮膚科で診てもらいましょう。非ステロイド系抗炎症薬やステロイドの塗り薬を使うこともあります。
またあせもは、かゆみでかきこわしてしまうと、そこに細菌が感染してしまい、「あせものより(膿をもったおでき)」になることがあり、そうなると痛みが強く、発熱、リンパが腫れるなど、全身症状を伴うことがあり、自宅での治療はできないため、医療機関で切除して膿を出したり、抗生物質を服用して治療します。
ここまで悪化すると、赤ちゃんには大きな負担になります。
赤ちゃんはあせもができやすいため、早い段階でケアしてあげましょう。


「とびひ」とは
「とびひ」の正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。
細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。
掻(か)きむしった手を介して、水ぶくれ(水疱(すいほう))があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているため、「とびひ」と呼ばれています。


「とびひ」の治療方法
抗生物質、抗ヒスタミン薬、軟膏などが処方されますが、自己判断で手持ちのステロイド軟膏は使わないようにしましょう。
ステロイド軟膏は、細菌の栄養となり、症状を悪化させます。
早めの治療であれば1週間ほどで良くなります。
薬は途中でやめず医師の指示に従って最後まできちんと治療しましょう。


「水イボ」とは
ウイルスが原因で、直接触れることでうつります。光沢のある白~やや赤っぽい小さなでっぱり(丘疹(きゅうしん))が、ひじ・ひざの内側、ももの付け根、わきの下、 上半身などの皮膚のうすいところにでき、掻くことで全身に広がっていきます。


「水イボ」の治療方法
一般的には
■ピンセットで取る(テープ式の部分麻酔薬を貼って取ることもあります)
■医療用の絆創膏(サリチル酸絆創膏)で皮膚も角質を軟化させる
■液体窒素で凍結させて取る方法。
このように治療法は色々ありますが、治療は1回で終わることはなく、多くは数週間~数か月以上、長期間かかります。
水イボができているのを見つけたら早期に治療を開始することが望ましいです。
治療には長期間かかることや痛みを伴うこともある為、医師と相談しましょう。

投稿日:2017年5月2日|カテゴリ:お知らせ