男性型脱毛症
AGA

男性型脱毛症

フットケア
Foot care

フットケア

巻き爪治療
Ingrown nail

巻き爪治療

ターゲット型光線療法
エキシマライト

ターゲット型光線療法

ファーストピアス
Fast Pirrce

ファーストピアス

睫毛貧毛症
グラッシュビスタ

睫毛貧毛症

爪白癬(爪水虫)治療

爪白癬(爪水虫)とは?

これは爪に白癬菌(水虫菌)が感染し、爪の色が白く濁ったり、爪の厚みが増して変形したり、爪がもろく崩れやすくなった状態の事です。爪の水虫は痛みや痒みを伴わない事が多く、気付かずに放置してしまってる事がよくあります。

そのまま気付かずに放置しておくと症状が悪化し、爪の変形の為痛みが現れ、更に進行すると歩行が困難になる事もあります。

また、感染した爪の中には大量の白癬菌が存在し、そこから常に菌が排出され、足の水虫を繰り返す事が多く、家族内の感染の原因になる心配もあります。

爪白癬の治療法

治療については白癬菌の増殖を抑制し、殺菌的効果作用のある抗真菌剤を使います。足の裏等の水虫の場合、抗真菌剤の外用薬(塗り薬)の効果が期待できますが、爪になると状態がよくなるまでに皮膚の水虫よりもかなり治療期間を長く要します。

爪は硬く、丈夫な構造をしているので塗り薬だと吸収が悪く、短期間での充分な効果が期待できません。そこで、以前は抗真菌剤の内服薬(飲み薬)を用いた治療が主体となっていました。しかしここ最近は爪に直接塗る液状タイプのたいへん効果の高い薬が処方できるようになりました。1日1回、夜、お風呂上りに塗っていただくだけです。とはいっても治療期間は半年から1年程度(爪が生え変わる期間)を要しますので気長に、かつ確実に薬を塗って治療していくことが大切です。